013 Egretta Sacra II vol.1 :ショートショート台本003  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

P-3 罪作りな視線

  ■概要
主要人数:3人
時間:

■ジャンル
ボイスドラマ、中世、シリアス、ファンタジー

■キャスト
コゼット(女、16歳、侍女、双子)
ミネット(女、16歳、侍女、双子)
クリス(男、14歳、幽霊)


タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション
P-3      

罪作りな視線

001

クリス

(楽しそうに)
「おや、こっちは、侍女のミネットとコゼットの双子の姉妹の部屋みたいだね。どちらも、マルグリートが人形のようにかわいがっているみたいだけど・・」

コゼット、ミネット、クリス

002

クリス

(バカにしたように)
「どうやら、中身は人形のように純真ではないようだよ?さて、のぞいてみようか」

 

003

  (小さいテーブルの前に座って、マニキュアを塗っているミネット。イスに座って、手鏡を一心に見つめているコゼット)
TIME:

004

コゼット

(鏡を覗き込んで)
「ねぇ、ミネット!この髪型、どうかしら?」

 

005

ミネット

(興味なさそうに、マニキュアを塗りながら)
「いいんじゃないかしら」

 

006

コゼット

(鏡を覗き込んで)
「もうちょっと、派手な方がマックス様の好みなのよねぇ・・」

 

007

ミネット

(手をひらいてネイルを見ながら)
「ええ、そうね」

 

008

コゼット

(鏡を覗き込んで、目もとに手をやりながら)
「このメイクも、もうちょっと派手にした方がいいのかしら?でも、リュシアンさんは、あんまり派手な格好がお好きではないみたいだし・・」

 

009

ミネット

(興味なさそうに、またマニキュアを塗りながら)
「ええ、そうね」

 

010

コゼット

(鏡を覗き込んで、にっこり笑って)
「顔は完璧なのよねぇ〜♪本当、いつ見てもかわいい♪」

 

011

ミネット

(手をひらいてネイルを見ながら)
「ええ、そうね」

 

012

コゼット

(鏡を覗き込んで、上目使いに肩をすくめて)
「マックス様には、やっぱり、この角度よねぇ〜♪甘えた感じがお好きそうじゃない?」

 

013

ミネット

(ネイルに息を吹きかけながら)
「ええ、そうね」

 

014

コゼット

(鏡を覗き込んで、首をかしげてにっこり笑って)
「リュシアンさんは、きっと、この角度ね♪純真無垢な感じをアピールしておけば、オッケー♪」

 

015

ミネット

(指をのばして、ネイルを確認しながら)
「ええ、そう思うわ」

 

016

コゼット

(鏡を覗き込んで、胸元を確認しながら)
「ハリーやニコラは若いから、きっと、この胸元に釘付けよね〜♪もっと、大きく作ろうかしら?」

 

017

ミネット

(興味なさそうに、反対の指にマニキュアを塗りながら)
「いいんじゃないかしら」

 

018

コゼット

(ポーズをとりながら)
「カミーユさんには若さとかわいさで勝負ね。セルジュは・・・なんか、子供すぎて、物足りない感じなのよねぇ・・」

 

019

ミネット

(ネイルを確認しながら)
「ええ、そうね」

 

020

コゼット

(鏡を抱きしめて、うっとりと首をふりながら)
「でも、全員から、せまられたら、どうしよう!!選べないわ〜!」

 

021

ミネット

(ネイルに息を吹きかけながら)
「ええ、そうね」

 

022

コゼット

(怒ったように振り向いて、腰に手をあてて)
「ちょっと、聞いてるの、ミネット!!!」

 

023

ミネット

(ネイルを確認しながら、立ち上がって、淡々と)
「もちろん、聞いてるわよ。・・・さあ、そろそろ、広間へ戻りましょう。マルグリート様が心配するわ。私、先に行くわね」

 

024

コゼット

(拗ねたように、後半、慌てて、ミネットを追いかけて)
「もう!相変わらず、素っ気ないんだから!!・・ちょっ、ちょっと、待ちなさいよ、ミネット〜!!」

 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.