018 Sweet Mulberry Farm II vol.1 Bar De Esperanza :芝居用台本001  ・・・・・・・・・・・・・・

S-1 ウェンディパターン

  ■概要
主要人数:3人
時間:
3.43

■ジャンル
ボイスドラマ、西部開拓時代、コメディ

■キャスト
ユアン (男、16歳、ラングフォード伯爵家・長男)
アリシア (女、18歳、シモンズ家・長女)
ウェンディ (女、19歳、ラングフォード家・三女)

タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション
S-1

 

   

ウェンディパターン

001

アリシア (中央テーブルのイスから立ち上がって、イライラした様子で、最後はその辺にいるジプシーに声をかけるように)
「まったく!どれだけ客を待たせれば気が済むのかしら!頼んだ料理どころか、飲み物すら届きやしないじゃない!・・ねぇ、ちょっと!そこのアナタ!アナタよ、アナタ!・・・何よ!無視しちゃって!私達を誰だと思っているの!?」
 

002

ユアン (周囲を見渡して、穏やかに)
「何だか、随分と賑わってるね」

ユアン、アリシア、
ウェンディ

003

アリシア (向かいに座るユアンを振り返って、申し訳なさそうに)
「ああ、申し訳ございません、ユアン様。こんなにお待たせしてしまって・・・」
 

004

ユアン (にっこり笑って)
「ハハ・・大丈夫だよ、アリシア。僕はちっとも気にしていないから・・ここで、こうして待っている時間も楽しいしね」
TIME:3.43

005

アリシア (イスに腰をおろし、眉をひそめて)
「本当に、こんな店でよろしかったんですか?我が家のコックが作る料理の方が、ここの料理より数倍マシですわ!今からでも、頼んだものをキャンセルして・・」
 

006

ユアン (軽く遮るように、後半は申し訳なさそうに微笑んで)
「いいんだ。こういう場所で食事ができる機会なんて滅多にないから・・・いい社会勉強だよ。・・・それより、無理矢理つきあわせてしまって、悪かったね・・」
 

007

アリシア (慌てた様子で、後半は眉をひそめて)
「い、いえ、そんな、無理矢理だなんて・・わたくしは構いませんのよ。ただ、庶民の味がユアン様のお口にあうのかどうか・・」
 

008

ユアン (軽く遮るように、後半は申し訳なさそうに微笑んで)
「フフ・・こう見えても、好き嫌いはないんだ。出されたものは何でも食べるよ」
 

009

アリシア (困った様子で)
「でも・・・」
 

010

ウェンディ (アリシアの肩に手を乗せて、意地悪っぽく)
「あ〜ら、誰かと思えば・・・珍しいわね、アリシア。こんなところで会うなんて」
 

011

アリシア (嫌そうな顔で、肩の手を払うようにして)
「その汚い手をどけてちょうだい、ウェンディ!」
 

012

ウェンディ (両手をあげて、余裕の笑みで)
「フフ、バレた?さっき、馬の世話をしてきたばかりなのよ。ああ、そういえば、手を洗うのを、すっかり忘れてたわ。アハハハ!」
 

013

アリシア (慌てて、肩を払うようにして、ウェンディを睨み付けて)
「ちょ、ちょっとぉ!!もう、最低ねっ!本当、下品な女・・!」
 

014

ウェンディ (腕を組んで、値踏みするようにユアンを見て)
「で?そちらの上品そうなお坊ちゃんは、お金持ちなパパのお友達?」
 

015

アリシア (嫌そうな顔で)
「あなたに関係ないでしょう!放っておいてちょうだい!」
 

016

ウェンディ (アリシアを肘で小突いて、後半はユアンに右手を差し出して)
「紹介くらいしてくれたって、いいじゃない。ねえ、アナタもそう思うでしょう?フフ・・はじめまして。あたしは、ウェンディ。アリシアとは、オムツをしている頃からの知り合いなの」
 

017

アリシア (慌てた様子で)
「ちょ、ちょっと、ウェンディ!何を、あなた、勝手に・・っ!!しかも、そんな自己紹介の仕方・・っ!!」
 

018

ユアン (ゆっくりと立ち上がって、優雅にお辞儀をして)
「自己紹介が遅れて申し訳ありません。はじめまして、ミス・ウェンディ。私はユアン・ウェーズリー・ラングフォードと申します」
 

019

ウェンディ (ちょっと驚いて嬉しそうに)
「あら、偶然ね!私もラングフォードって言うのよ!ウェンディ・オーレリア・ラングフォード。同じ名字だなんて・・遠い親戚か何かなのかしらね?」
 

020

ユアン (驚いた表情でつぶやくように、最後は顔を上げて)
「ラングフォードって・・・貴女が・・っ・・!」
 

021

アリシア (ユアンのセリフにかぶせて)
「そんな訳ないでしょっ!こちらのユアン様はねぇ、由緒正しき、ラングフォード侯爵家の・・・」
 

022

ユアン (軽く遮って、制止するように)
「アリシア」
 

023

アリシア (口元に手をあてて、申し訳なさそうに)
「あら・・失礼致しました・・・」
 

024

ユアン (微笑んで丁寧に)
「こういうところに来るのは、初めてなんです」
 

025

ウェンディ (呆れたように片手を広げて)
「でしょうね。普段からチャラチャラした格好でその辺をウロウロしているアリシアならともかく、酒場でその格好じゃ、悪目立ちしすぎ。いいところのお坊ちゃんだって、バレバレよ。それじゃ、僕は金持ちだから、どうぞ攫って下さい!って言ってるようなもんだわ」
 

026

ユアン (困ったように自分の服を見て)
「ハハ・・着替えてくるべき・・だったかな・・」
 

027

アリシア

(訴えるように、すぐに笑顔で、後半はウェンディをにらみつけて)
「まあ!ウェンディの言うことなど、お気になさらないで下さい、ユアン様。ご安心下さい。店の外には、うちの使用人も控えておりますし、大丈夫ですわ。・・ちょっと!ユアン様に、余計なことを言わないでちょうだい、ウェンディ!」

 

028

ウェンディ (肩をすくめて、後半は思い出したように)
「お〜、こわっ!!邪魔者はさっさと退散、退散。・・・ああ、会えてよかったわ、ユアン。ゆっくり楽しんでいってね」
 

029

ユアン (にっこり微笑んで)
「ええ、ミス・ウェンディ。こちらこそ・・」
 

030

ウェンディ (あっさりと)
「ウェンディ」
 

031

ユアン (キョトンとして)
「え?」
 

032

ウェンディ (ニヤリと笑って)
「ミス・ウェンディじゃなくて、ただのウェンディ。堅っ苦しいのはナシ!それが、ここのルールよ、ユアン。覚えといて」
 

033

ユアン (軽く笑って)
「ああ・・はい、ウェンディ」
 

034

ウェンディ (背中を向けたまま、ヒラヒラと手を振って)
「じゃ、また後でね」
 

035

アリシア (腕を組んで睨み付けて、後半はユアンに謝って)
「まったく!!もう!!失礼な女ね!!・・・本当に申し訳ございません、ユアン様!」
 

036

ユアン (口元に手をやり、独り言のようにつぶやいて)
「そっか・・・あれが、ウェンディ・・・僕の・・・」
 

037

アリシア (ユアンの顔を覗き込んで)
「ユアン様・・・?どうかなさいました?」
 

038

ユアン (アリシアに気付いて、すぐに微笑んで、イスに腰かけながら)
「いや・・なんでもないよ、アリシア。それより、食事が来るまで、この辺りについて色々教えてくれないかな?」
 

039

アリシア (嬉しそうにイスに腰をかけて)
「ええ、もちろんですわ。喜んで!」
 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.