022 Ludlow Castle II prologue - The time of my life :芝居用台本001  ・・・・・・・・・・・・・・

S-1 アーネスト×イザベル×タリア

  ■概要
主要人数:3人
時間:


■ジャンル
ボイスドラマ、中世、ハートフル、ファンタジー

■キャスト
アーネスト (男、64歳、ハウエル伯爵家・当主)
イザベル (女、15歳、ハウエル伯爵家・二女)
タリア (女、23歳、ハウエル伯爵家・メイド長)

タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション
S-1      
アーネスト×イザベル×タリア

001

タリア (本を読みながら歩いていくアーネストに声をかけて、丁寧にお辞儀をして)
「おはようございます、旦那様」
 

002

アーネスト (本から目を離さず挨拶して、名前を言い終わった後、顔をあげて、驚いたようにタリアを指さして)
「ふむ・・・おはよう、タリア・・っ!?おい、ちょっと待て!何だ、その格好は!?」
アーネスト、イザベル、
タリア

003

タリア (キョトンとして、すぐに制服のチェックをして)
「何か変でしょうか?・・・リボンが曲がっていたのかしら・・・?」
 

004

アーネスト (驚いた様子で)
「そんなことを言っているんじゃない!いつもの制服はどうした!?」
TIME:

005

タリア (穏やかに微笑んで)
「あら・・・旦那様はご存じなかったんですか?本日から新しい制服に変わったんです」
 

006

アーネスト (眉間にしわを寄せて)
「誰がそんなことを・・・!?」
 

007

イザベル

(突然出てきてあっさりと)
「あら、お父様。そんなの、チャールズお兄様に決まってるじゃない。おはよう、タリア」

 

008

タリア

(丁寧に挨拶をして)
「おはようございます、イザベルお嬢様」

 

009

アーネスト

(ワナワナと手を震わせて)
「チャールズだと!?私は聞いとらんぞ!?」

 

010

イザベル

(あっさりと)
「かわいいから、いいじゃない、ねえ、タリア?」

 

011

アーネスト

(厳しく言い放って、チャールズを探して退場して)
「そういう問題じゃない!チャールズはどこだ!?おい、チャールズ!チャールズ!!」

 

012

イザベル

(肩をすくめて)
「まったく・・相変わらずお父様は頭が固いんだから」

 

013

タリア

(恐る恐る上目使いに)
「あの・・・まずかったでしょうか・・?」

 

014

イザベル

(手をひらひらさせて、歩きながらあっけらかんと)
「ああ、気にしないで、タリア。フフ、いつものことだから。それより、お茶をいれてちょうだい。そうね・・ダージリン・ファースト・フラッシュがいいわ。よろしくね」

 

015

タリア

(丁寧にお辞儀して退場して)
「はい、かしこまりました」

 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.