022 Ludlow Castle II prologue - The time of my life :芝居用台本002  ・・・・・・・・・・・・・・

S-2 アーネスト×マーガレット

  ■概要
主要人数:2人
時間:


■ジャンル
ボイスドラマ、中世、ハートフル、ファンタジー

■キャスト
アーネスト (男、64歳、ハウエル伯爵家・当主)
マーガレット (女、17歳、ハウエル伯爵家・長女)

タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション
S-2      
アーネスト×マーガレット

001

マーガレット (ウロウロしているアーネストに話しかけて)
「あら、お父様。いかがなさいました?」

 

002

アーネスト (不機嫌そうな様子で)
「おお、マーガレット。チャールズを見なかったか?」
アーネスト、マーガレット

003

マーガレット (にっこり微笑んで)
「チャールズお兄様なら、先程、お出かけになりましわ」
 

004

アーネスト (眉間にしわを寄せて)
「なんだと!?チャールズめ!私に叱られると思って、逃げおったか!」
TIME:

005

マーガレット (軽く首を傾げて穏やかに)
「どうかなさいました?」
 

006

アーネスト (顎で使用人をさして)
「いや、あの使用人達の新しい制服だ」
 

007

マーガレット (にっこり笑って)
「ああ、チャールズお兄様がテイラーズに頼んで新しいものに変えていましたわ。お客様の前に出ることの多い使用人達は屋敷の顔なんだから、華やかで時代を先取りしたものでないと!なんておっしゃって・・・確かにとてもよく似合っていますわ」
 

008

アーネスト (難しい顔をして、威厳たっぷりに)
「ウオッホン!そういう問題ではないぞ、マーガレット。由緒正しき、我がハウエル伯爵家の使用人たるもの、あのように派手な格好でその辺をうろうろされては・・・」
 

009

マーガレット (口元に指を当て、思い出すように)
「確か・・お母様も喜んでいらしたみたいですけれど・・」
 

010

アーネスト (ちょっと驚いたように目を見開いて)
「何!?プリムローズが!?」
 

011

マーガレット (にっこり笑って)
「ええ。屋敷の中が明るくなって嬉しいって、おっしゃっていましたわ」
 

012

アーネスト (複雑な顔をして、渋々納得したように、ぶつぶつ言いながら立ち去って)
「そ、そうか・・・プリムローズが・・・うむ・・・まあ・・それなら、仕方ないな・・・そうか、プリムローズが・・・んん・・・」
 

013

マーガレット (アーネストを見送って、楽しそうに)
「フフ・・・相変わらず、お父様はお母様に弱いんだから・・」
 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.