022 Ludlow Castle II prologue - The time of my life :芝居用台本011  ・・・・・・・・・・・・・・

S-11 ノーマン×アンディ

  ■概要
主要人数:2人
時間:


■ジャンル
ボイスドラマ、中世、ハートフル、ファンタジー

■キャスト
ノーマン (男、22歳、ハウエル伯爵家・従僕)
アンディ (男、18歳、ハウエル伯爵家・従者)

タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション
S-11      
ノーマン×アンディ

001

アンディ

(溜息をついてがっかりした様子で)
「はぁ・・・そりゃあ、そうだよなぁ・・・まあ、あれだけ・・・ん・・・でもなぁ・・・はぁ・・・」

 

002

ノーマン

(アンディを見つけて茶化したように)
「おぉっ!悩める少年はっけーーーん!」

ノーマン、アンディ

003

アンディ

(呆けた顔で振り返って、すぐにやる気なさそうに顔を背けて溜息をついて)
「あん?・・・・あぁ・・・ノーマンさんか・・・はぁ・・」

 

004

ノーマン

(笑いながらアンディに近づいて)
「なんだよ、なんだよ、その冴えない顔は〜!」

TIME:

005

アンディ

(テンション低めの声で項垂れて)
「何でもないっす・・・・はぁ・・・」

 

006

ノーマン

(アンディの肩に腕をかけて、明るく軽く)
「何でもないって・・見た目にそれだけ落ち込んでりゃ、誰でも気がついて声かけるって!ほら、悩み事があるんなら、この僕に打ち明けてごらん!相談に乗るよ〜ん?」

 

007

アンディ

(ノーマンの腕をゆっくりとどかして)
「いや、結構です。ノーマンさんに相談するくらいなら、他の人に相談します」

 

008

ノーマン

(明るい笑顔で)
「言ってくれるねぇ、アンディ!ハンッ!こう見えても、僕ってば、意外と頼りになるんだぜ〜♪」

 

009

アンディ

(ダルそうに)
「いやいや、意外すぎて、ちょっと、信じられないんで・・」

 

010

ノーマン

(人差し指を立てて明るく笑いながら)
「チッチッチッ!話してみなよ、少年!経験豊富なこの僕が、スパッと解決してやるから!な?な?」

 

011

アンディ

(そっぽを向いたまま独り言のように)
「はぁ・・・やっぱり、結婚しちゃうんだなぁ・・・って思って・・」

 

012

ノーマン

(キョトンとした顔で)
「結婚?え?誰が?誰が?」

 

013

アンディ

(遠くを見て、がっかりした様子で)
「マーガレット様ですよぉ・・・」

 

014

ノーマン

(ポンッと手を叩いて明るく、後半は気づいて笑いを堪えるように)
「ああ!!マーガレットお嬢様のことかぁ!!そりゃあ、あれだけ、美人で聡明で優しけりゃ!・・・って、あれ?もしかして、アンディって・・・まさか・・っ!うぷっ!・・うぷぷぷぷっ!!!」

 

015

アンディ

(グルンと首を大きくまわして、ノーマンを睨んで)
「なぁにかっ!?」

 

016

ノーマン

(笑いを堪えながら、感心した様子でわざとらしく)
「プフフフーーーーッ!!ん・・・いや、何でもない、何でも!プフーーー!!んん〜、そっかぁ、あ、いやぁ、気づかなかったなぁ〜、なるほどぉ〜〜!マーガレット様とはねぇ・・・プフーーーッ!!アンディとじゃあ、ちょぉ〜〜っと、身分が・・・プフーッ!!」

 

017

アンディ

(顔を背けて嫌そうに吐き捨てて、うんざりした様子で立ち去って)
「だぁから、言うの嫌だったんだよっ。本当、相談する相手、間違えたわ。いけない、いけない。判断能力、相当鈍ってるなぁ・・・。あぁ、もう、いいっす!んじゃ、僕、次の仕事があるんで・・」

 

018

ノーマン

(笑いながらアンディを追いかけて)
「アハッ!!おいお〜い、アンディ!違うって〜!アンディのこと笑ったわけじゃないんだよぉ〜!最近、笑い上戸でさぁ〜、ちょっとしたことでも、す〜ぐ、笑っちゃうんだよねぇ〜。プハハハ!!お〜い、アンディってばぁ〜!!」

 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.