024 Egretta Sacra III prologue :芝居用台本005  ・・・・・・・・・・・・・・

S-5 Lost and Found

  ■概要
主要人数:4人
時間:
7,17

■ジャンル
ボイスドラマ、中世、シリアス、ファンタジー

■キャスト
ノア(男、17歳、小姓)
シャルロッテ(女、18歳、マクシミリアンの妹)
ヴェラ(女、23歳、侍女)
スヴェン(男、25歳、家令)

タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション

S-5

 

  (古い写真が挟まれた日記帳を小脇に抱え登場するノア)

Lost and Found

001

ヴェラ (後ろからノアを呼び止めて)
「・・・ノア・・!」
ノア、シャルロッテ、
ヴェラ、スヴェン

002

ノア (立ち止まって振り返り、軽く微笑んで)
「ん?・・はい、何でしょうか?」

 

003

ヴェラ (嬉しそうに)
「あなたでしょう?取り込んでおいたシーツにアイロンをかけて畳んでおいてくれたのは!」
TIME:7,17

004

ノア (思い出したように、後半は誠実そうに)
「え・・あぁ!・・何か不手際がございましたでしょうか?」
 

005

ヴェラ (軽く首を振って)
「とんでもない!隅から隅まで、きちんとアイロンがけがしてあって、文句のつけようがない程、完璧だったわ」
 

006

ノア (爽やかに微笑んで)
「そうですか。それは、よかった。ちょうど手が空いたので、少しでもお力になれれば・・と」
 

007

ヴェラ (軽く頭を下げて)
「本当にありがとう。助かりました」
 

008

ノア (丁寧にお辞儀をして)
「いえ・・・何でもお申し付け下さい」
 

009

ヴェラ (にっこり笑って、後半は気づいたように)
「フフ・・ええ。・・・そういえば・・こんなところで、どうしたの?」
 

010

ノア (爽やかに)
「休憩をいただいたんです。ずっと地下室で作業をしていたので、ちょっと外に出てみようかと思って・・・」
 

011

ヴェラ (あっさりと、後半は嬉しそうに)
「そうなの。・・・こちらの薔薇園はとても素敵だから、一見の価値はあると思うわ。ちょっと考え事をしたい時なんかにも最適」
 

012

ノア (穏やかに)
「そうですね。薔薇園は外からしか拝見したことがないので、今日は中を覗かせてもらおうかな・・・庭師のアレクさんの作業の邪魔にならないといいのですが・・」
 

013

ヴェラ (楽しそうに笑って)
「あら、あなたなら大丈夫。・・フフ・・」
 

014

ノア (微笑んだまま軽く訊き返して)
「え?・・何故ですか?」
 

015

ヴェラ (にっこりと笑って)
「だって、あなたってば、きっと、彼女好みだもの・・・」
 

016

ノア (謙遜するように言って)
「フフ・・・だと、いいんですが・・」
 

017

ヴェラ (思い出したように)
「ああ・・・そうだわ・・・言い忘れていたことがあったわ。実は、この離れはね、限られた使用人以外、立ち入らないことになっているの。本邸からここへ続く渡り廊下があるでしょう?その先の扉には、いつもは鍵がかけられているはずなのだけれど・・誰かが、かけ忘れたのかしら?」
 

018

ノア (ちょっと驚いたように、後半はしゅんとなって)
「そうなんですか?・・・僕、知らなくて・・・申し訳ありません・・」
 

019

ヴェラ (申し訳なさそうに、後半は思いついたように)
「最初に伝えるのを忘れてしまったこちらのミスね。ごめんなさい。・・・次回から気をつけてくれればいいから。・・ああ、薔薇園に行きたいなら、こちらではなく中庭の方へ行くといいわ。そちらの方が広いし、日当たりも良いし、ゆっくりできるはず・・・」
 

020

ノア (謙遜するように言って、軽く頭を下げて)
「はい!そうさせていただきます!・・・それでは、そろそろ失礼致します」
 

021

ヴェラ (にこやかに立ち去って)
「ええ、ゆっくり休んでちょうだい」
 

022

ノア (軽く手をあげ、ヴェラを見送った後、ソファにもたれるようにして床に座り小さくため息をついて、真顔で呟いて)
「・・・・ふぅ・・・エグレッタ・・サクラ・・・か・・・」
 

023

ノア (日記帳の間から出ていた古い写真を取り出し、見つめながら)
「・・・・ようやく辿りついたよ・・・」
 

024

ノア (ゆっくりと日記帳を開き)
「・・・・12月5日・・・・今日、彼女から気になる話を聞いた。・・・・エグレッタ・サクラに眠る幻の秘薬・・・『ただのお伽噺よ』と彼女は笑ったけれど・・・・本当にお伽噺なのかしら?・・・お伽噺じゃなかったとしたら・・・?」
 

025

ノア (ゆっくりとページをめくり)
「・・・・12月12日・・・あの日以来、あの話が気になって眠れない・・・もし、本当にそんな薬が存在するのなら・・・彼を・・・救ってあげることができるかもしれない・・・なんて、所詮、夢物語でしかないのかしら・・・・雷の音が鳴り響く・・・冬の雷なんて珍しい・・・何年ぶりかしら?・・・隣りから安らかな寝息が聞こえてくる・・・私の天使・・・大丈夫・・・安心して眠りなさい・・・」
 

026

ノア (ゆっくりとページをめくり)
「・・・・12月19日・・・もう一度、エグレッタ・サクラを訪れてみよう。・・・もし見つからなかったとしても、ここでじっとしているよりはいい・・・明日起きたら彼女に手紙を書こう・・・」
 

027

ノア (ゆっくりとページをめくり)
「・・・・12月25日・・・手作りのクリスマスケーキにローストターキー。今年は去年よりも小さなクリスマスツリー。・・・ささやかだけれど、家族で過ごす素敵なクリスマス。・・・こんな日々がずっと続けばいいのに・・・彼は今頃、どんなクリスマスを過ごしているのかしら・・?どうか幸せでありますように・・・・メリークリスマス・・・聖なる夜に・・・」
 

028

シャルロッテ (ゆっくりと歩いてきて、ぼんやりと)
「・・・そこにいるのは誰・・?」
 

029

ノア (驚いたように慌てて日記帳を閉じて)
「・・・っ・・・!!」
 

030

シャルロッテ (ノアに近づいて、ゆっくりと)
「・・あなたは誰・・・?・・・何で泣いてるの・・?」
 

031

ノア (シャルロッテに言われて気付いたように頬に手をやり、流れる涙に驚いて)
「え・・?・・・僕は泣いてなんか・・・・。・・・っ・・!?」
 

032

シャルロッテ (ノアの隣りに屈んで、無感情な感じで、ノアの頬に手を伸ばして)
「どこか痛いの・・?・・・怪我をしたの・・?・・大丈夫・・?」
 

033

ノア (驚いて困惑した様子で)
「何で・・・涙なんか・・・・」
 

034

シャルロッテ (涙を指で拭って、その指をペロリと舐めて)
「フフ・・・あなた、悲しいのね・・・?悲しい涙は塩辛いんだって、何かの本で読んだわ・・・・」
 

035

ノア (右手拳で乱暴に涙を拭って、激しく反発して、その後、頭を膝の上にのせて吐き出すように)
「僕は・・悲しくなんか・・・っ!・・・悲しいわけがないんだ・・・っ!」
 

036

シャルロッテ (ノアの頭を撫でて)
「・・・寂しくなったのね・・・お家に帰りたいの・・?」
 

037

ノア (下を向いたまま首を横に振って)
「・・・帰る家なんて・・・ない・・・・」
 

038

シャルロッテ (綺麗に微笑んで、後半、首を傾げて)
「じゃあ、ずっと、ここにいるといいわ・・・。・・・あなたの名前は・・?・・・何て呼べばいいの?」
 

039

ノア (恐る恐るシャルロッテを見て、言い淀んで)
「・・・・ノア・・・」
 

040

シャルロッテ (きょとんとして)
「ノア・・・・珍しい名前ね・・・旧約聖書の『創世記』に出てくる、全ての人類の祖先だわ・・・」
 

041

ノア (俯いて)
「・・・そんな、たいした名前じゃないよ・・・」
 

042

シャルロッテ (ゆっくりとノアの頬に触れて)
「フフ・・・ノア・・・」
 

043

ノア (訝しげに顔を上げて)
「・・・そういえば・・・君は・・?」
 

044

シャルロッテ (ノアを見つめて穏やかに)
「私はシャルロッテ・・・」
 

045

ノア (ちょっと驚いて、最後は付け足したように)
「え・・?・・・君が・・・シャルロッテ・・・様・・?」
 

046

シャルロッテ (綺麗に微笑んで)
「様・・なんていらないわ。ただのシャルロッテ・・・」
 

047

ノア (戸惑ったように)
「・・・いや・・・でも・・・」
 

048

シャルロッテ (ノアをじっと見つめて、後半は悲しげに)
「お友達になりましょう、ノア。・・・ここは暗くて寂しくて・・・元いた場所を思い出してしまう・・・ひとりぼっちは、もう嫌なの・・・」
 

049

ノア (はにかんだように笑って)
「・・・うん・・・わかった・・・シャルロッテ・・・」
 

050

シャルロッテ (にっこり笑って)
「フフ・・・また遊びに来てくれる?」
 

051

ノア (残念そうに)
「・・・ごめん・・・僕はここへは来ちゃいけないと言われているんだ・・・だから、なかなか遊びに来ることができない」
 

052

シャルロッテ (首から下げていた鍵を外してノアに差し出して)
「大丈夫よ・・・秘密の鍵をあげる・・・私の部屋のバルコニーへ続く窓の鍵・・・私が降りていくことはできないけれど、あなたが登ってくることはできるはず・・・これで、いつでも会いに来られるでしょう?」
 

053

ノア (受け取ったカギを見つめて、後半はシャルロッテに微笑みかけて)
「君の部屋・・・そうだね・・・必ず遊びに行くよ・・・」
 

054

シャルロッテ (小指を出して)
「約束よ?」
 

055

ノア (シャルロッテの小指に自分の小指をからませて、しっかりと)
「うん、約束する」
 

056

ヴェラ (遠くから声だけ)
「・・・ロッテ様〜〜〜?・・・シャルロッテ様〜〜〜?・・どちらにいらっしゃいますか〜〜〜?・・」
 

057

シャルロッテ (声に反応して、ゆっくりと立ち上がり困った様子で立ち去ろうとしながら)
「いけない・・・またヴェラに叱られてしまうわ・・・私、行かなくては・・・」
 

058

ノア (シャルロッテを追いかけるように呼び止めて)
「あ・・・っ・・・シャルロッテ・・・!待って!」
 

059

シャルロッテ (ゆっくりと振り返って)
「なあに?」
 

060

ノア (穏やかに)
「僕のことは、皆には秘密にして・・」
 

061

シャルロッテ (艶やかに笑って、踊るように去りながら)
「ええ。・・・二人だけの秘密ね・・・フフ・・・またね、ノア・・。ヴェラ、私はここよ・・・」
 

062

ノア (シャルロッテを見送って、すぐに真顔になってつぶやくように)
「シャルロッテ・アヌシュカ・エッフェンベルク・・・彼女が・・・」
 

063

ノア (軽く微笑んで、楽しそうに)
「やっと・・・会えたね・・・フフ・・・」
 

064

ノア (カギを目の前でブラブラさせ、フッと笑みをもらして、物音に気づいて慌ててソファの裏に隠れる、その際に写真を落としていく)
「必ず会いにいくよ、シャルロッテ・・・約束する・・・。・・・っ!?」
 

065

スヴェン (幕前で頭を下げて入ってきて、辺りを見回しながら)
「・・・失礼致します。・・・はぁ・・・ここにもいらっしゃらないか・・・どちらへ行かれたんだ・・・?」
 

066

スヴェン (落ちていた写真に気づいて、写真を拾いながら)
「ん・・?・・・写真・・・?また、随分と古い・・・。・・・これは・・・・?」
 

067

スヴェン (写真を凝視して驚いたように)
「何故、この写真がここに・・・?・・・マックス様が持っていらしたのか・・・?・・・でも、何故、あの方がこの写真を・・・?」
 

068

スヴェン (おもむろに手紙を取り出して)
「・・・この手紙といい・・この写真といい・・・何故、今更・・・っ・・!いったい、何が・・・っ!?」
 

069

スヴェン (手紙と写真をまとめてしまって、立ち去って)
「・・・まずは、マックス様を探すことが先決だな・・・」
 

070

ノア (スヴェンが立ち去ったのを確認してから、ソファの後ろから登場して、眉をひそめ、後半は開き直ったように笑って退場して)
「・・・ふぅ・・・危なかった・・・それにしても、マズイな・・・まさか、拾われるとは・・・フ・・・まぁ、いい・・・後で取り戻せば済むこと・・・フフ・・・」
 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.