025 Egretta Sacra III vol.1 :芝居用台本004  ・・・・・・・・・・・・・・

S-4 Making Spirits Bright

  ■概要
主要人数:3人
時間:
10,00

■ジャンル
ボイスドラマ、中世、シリアス、ファンタジー

■キャスト
シャルロッテ(女、18歳、マクシミリアンの妹)
マックス(男、24歳、新エグレッタ・サクラ当主)
スヴェン(男、25歳、家令)

タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション

S-4

 

  (シャルロッテを探しながら颯爽と登場するマックス)

Making Spirits Bright

001

マックス (ちょっと焦った様子で、シャルロッテの姿を探して、途中からソファに腰をおろし、口元に手をやり考え込むように、後半は可能性に気づき顔を上げ、表情を硬くして)
「・・シャルロッテ、ここにいるのかい?・・・はぁ・・・ここにも、いないか・・・一体、どこへ・・・?・・・っ・・・まさか・・・一人で外へ出たのでは・・っ!?」
シャルロッテ、マックス、スヴェン

002

シャルロッテ (フラフラと歩いてきて)
「・・・お兄様・・・」

 

003

マックス (驚いたように振り返ってシャルロッテを見て、すぐに優しく語りかけて)
「・・・っ!・・・あぁ・・シャルロッテ・・!・・・どこにいたんだい?姿が見えないから心配したよ」
TIME:10,00

004

シャルロッテ (ソファの後ろからマックスの首に手をまわして抱きつくように)
「・・・お兄様が来てくれないから・・・私・・・」
 

005

マックス (軽く安心したように微笑んで)
「フ・・・勝手に出歩いたらダメじゃないか・・」
 

006

シャルロッテ (マックスの髪に顔を埋めるようにして甘えて)
「・・・んんん・・・・」
 

007

マックス (右手を伸ばしてシャルロッテの頭を撫でて)
「ん・・・・どうした?」
 

008

シャルロッテ (マックスの肩に顎を乗せて拗ねたように)
「・・・せっかく一緒に住めるようになったのに・・・お兄様ったら、いつでも忙しくて・・・私のことなんて、どうでもいいんだわ・・」
 

009

マックス (苦笑して、シャルロッテの腕を掴んで自分の前に優しく誘導して)
「ハハ・・・そんなことないよ、シャルロッテ。・・・ほら、こっちへおいで」
 

010

シャルロッテ (マックスに絡めていた腕を解いて、導かれるままにソファに座るマックスの前の床にペタリと座って、マックスの膝に腕を乗せ凭れ掛かって)
「・・・んん・・・・」
 

011

マックス (自分の膝の上にあるシャルロッテの頭を優しく撫でて)
「同じ邸内にいるのだから、いつでも会えるだろう?」
 

012

シャルロッテ (不機嫌そうに指先でマックスの膝をなぞって)
「・・・ちっとも会えないわ・・・私が寂しい時に・・・傍にいて欲しい時に、傍にいてくれない・・・」
 

013

マックス (シャルロッテの頭を撫でながら諭すように)
「寂しいのかい?・・・ここには、ハリーもヴェラもスヴェンもいる。以前と変わらず・・・」
 

014

シャルロッテ (マックスの言葉を遮るように顔を上げてマックスを見つめて駄々をこねるように)
「お兄様がいいの!お兄様じゃなきゃダメなの!!」
 

015

マックス (苦笑して)
「フフ・・・随分と我が儘なお姫様だな・・・」
 

016

シャルロッテ (不安そうにマックスを見て)
「・・・嫌いに・・なった?」
 

017

マックス (優しく微笑みかけて)
「そんなことないよ・・・」
 

018

シャルロッテ (上目使いで乞うようにマックスを見て)
「・・・本当に?」
 

019

マックス (笑顔のまま、しっかりと)
「ああ。・・・シャルロッテは、この世で一番大切な私の妹だ」
 

020

シャルロッテ (がっかりしたように呟いて)
「・・・妹・・・」
 

021

マックス (シャルロッテの変化に気づかずに微笑かけて)
「フ・・そうだよ」
 

022

シャルロッテ (無表情で一言一言確認するように呟いて)
「・・・妹・・・」
 

023

マックス (シャルロッテの様子に気づいて気遣うように)
「・・・シャルロッテ?」
 

024

シャルロッテ (無表情で呟いて、だらりと落とした片手で自分のドレスを握りしめて)
「・・・妹なんて嫌・・・」
 

025

マックス (訊き返すように)
「・・・ん・・?」
 

026

シャルロッテ (ゆっくりと顔を上げ、マックスを見ながら、マックスの身体を支えにしながら、ゆっくりと膝立ちになって)
「・・・妹なんて嫌よ・・・」
 

027

マックス (シャルロッテの変化に気づいて)
「・・・シャルロッテ・・・?」
 

028

シャルロッテ (マックスの身体を這うように身体を寄せて懇願するように)
「ちゃんと私を見て・・・愛しているって言ってくれたでしょう?・・・ずっと傍にいるって・・約束したでしょう?」
 

029

マックス (シャルロッテにゆっくりと押し倒されるようにソファに横になって)
「・・・ん・・・シャルロッテ・・・・それは・・・」
 

030

シャルロッテ (マックスを押し倒しながら、せつなく訴えるように)
「嘘なの・・?・・・お兄様が言ったことは、全部、嘘だったの?私を・・騙したの?」
 

031

マックス (困ったように笑って、片手を伸ばしてシャルロッテの髪を掻き上げるように触れて)
「・・・フ・・・そんなことはない。・・・愛しているよ、シャルロッテ・・・。おまえが生まれた時から、この気持ちはずっと変わらない・・・」
 

032

シャルロッテ (悲しく呟いて)
「嘘よ・・・」
 

033

マックス (シャルロッテの頬に手を伸ばして、シャルロッテを見つめながらしっかりと)
「嘘なんかじゃない。・・・今は亡き母上に誓ったんだ・・・どんなことがあっても、おまえを必ず守ると・・・大切に・・・大切に育てていくと・・・・」
 

034

シャルロッテ (恐る恐る呟いて)
「信じて・・・いいのね?」
 

035

マックス (にっこりと微笑んで優しく)
「フフ・・・ああ・・・」
 

036

シャルロッテ (マックスの胸の上に頭を乗せ、フッと微笑んで)
「フフ・・・・ずっと・・一緒ね・・」
 

037

マックス (優しく穏やかに)
「ああ・・・ずっと一緒だよ、シャルロッテ・・・・」
 

038

シャルロッテ (口元に笑みをたたえたまま)
「・・・今日は本邸でパーティーが開かれているんでしょう?」
 

039

マックス (少しだけ上体を起こして、ひじをついて支えて驚いたように)
「え・・?」
 

040

シャルロッテ (顔を上げてマックスを見て)
「・・・私、知ってるの・・・何で教えてくれなかったの?」
 

041

マックス (一瞬困ったように、すぐに優しく微笑んで、言い聞かせるように)
「それは・・・フ・・・パーティーとは言っても、私達が楽しむためのものではない。厳選された招待客と親交を深め、今後のおつきあいを有利に運ぶための・・・・仕事のようなものだよ」
 

042

シャルロッテ (マックスの胸に顔を埋めて)
「だったら・・・一言、そう言ってくれれば、よかったのに・・・」
 

043

マックス (苦笑して)
「すまなかった。・・・外部のことで、これ以上、おまえの気持ちをかき乱したくないと思ったんだ・・・」
 

044

シャルロッテ (徐々に笑みが消えて、無機質に)
「・・・そう・・・」
 

045

マックス (シャルロッテの髪を撫でながら)
「だから、今日はおとなしく、ここで待っていてくれるかい?・・・後でヴェラに頼んで、おまえの好きなクレッツェンブロートを焼いて・・・」
 

046

シャルロッテ (マックスを遮るように、無表情のまま)
「・・・ねぇ、お兄様・・・」
 

047

マックス (優しくシャルロッテを見つめて)
「ん?」
 

048

シャルロッテ (マックスをじっと見つめて無機質に呟いて)
「・・・キスして・・」
 

049

マックス (ちょっと驚いて、すぐに優しく微笑みかけて、そっとシャルロッテのおでこにキスをして)
「え・・?・・・フフ・・・今日はやけに・・・フ・・・」
 

050

シャルロッテ (ゆっくりと首を振って)
「・・・違う・・・そんなキスじゃない・・・・ちゃんと・・して・・」
 

051

マックス (戸惑ったようにシャルロッテを見て)
「シャルロッテ・・・・」
 

052

シャルロッテ (マックスの肩に重心をかけて、マックスを再び押し倒して)
「・・・私を愛しているんでしょう?・・・だったら、そんな子供騙しなキスはやめて・・・」
 

053

マックス (困ったように笑って)
「・・・シャルロッテ・・・冗談は・・・」
 

054

シャルロッテ (マックスを遮って激しく、すぐに肩で息をし、幾分落ち着いたトーンで)
「あの女には・・っ!!・・・・ハァ・・ハァ・・・あの女には、したんでしょう?」
 

055

マックス (困ったように笑って)
「誰のことを言って・・・」
 

056

シャルロッテ (低く怒気を含んだ声で)
「私からお兄様を奪っていったあの女よ・・っ!!」
 

057

マックス (自嘲的に笑って)
「フ・・・・そんな、過去のことを・・・・マルグリートとは終わったんだ・・・そもそも、最初から本気だった訳じゃない。このエグレッタ・サクラを手に入れるために仕方なく・・・」
 

058

シャルロッテ (激しく首を振って、強い口調で、後半はゆっくりと指でマックスの顔から身体を順番になぞるようにして)
「理由なんて、どうでもいい・・っ!・・・あの女は触れたんでしょう!?・・・この頬に・・・この唇に・・・この首筋に・・・この身体に・・・・!!」
 

059

マックス (言い淀んで)
「・・・それは・・・・」
 

060

シャルロッテ (マックスの胸元を握りしめて顔を埋めて)
「嫌なの・・っ!!・・・あの女の記憶がお兄様の身体に刻まれたままなんて、嫌なの!!・・・我慢できないの!・・・耐えられないのよ・・・!!」
 

061

マックス (困ったように微笑んで)
「・・・考えすぎだよ、シャルロッテ・・・」
 

062

シャルロッテ (ゆっくりと起き上がって、マックスに馬乗りになって、無表情のまま、マックスを見下ろして)
「・・・だから、全部消すの・・・なかったことに、するのよ・・・」
 

063

マックス (訝しげに)
「シャルロッテ・・・?」
 

064

シャルロッテ (マックスの手をとって自分の胸に当て艶やかに微笑んで)
「・・・忘れさせてあげる・・・私が全部・・・・フフ・・・」
 

065

マックス (驚いたように手をシャルロッテの胸から離して)
「・・・っ!!・・・やめないか、シャルロッテ・・・!!」
 

066

シャルロッテ (マックスの手首を掴んだまま、反対側の手でゆっくりとマックスの頬を撫で顔を近づけながら)
「・・・やめないわ・・・私を愛しているんでしょう?・・・ねぇ、お兄様・・・?」
 

067

マックス (苦しそうに)
「・・・シャル・・・ロッテ・・・っ・・!」
 

068

スヴェン (手紙二通と写真を握りしめたまま、慌てた様子で中央まで入ってきて、途中で振り返り、二人の姿を見て、すぐに一歩下がって頭を下げて)
「失礼致します。マックス様、こちらにおられるのですか?至急、ご相談したいことが・・・!・・・っ・・!シャルロッテ様もご一緒でしたか・・・!大変ご無礼を・・・・っ!!」
 

069

マックス (シャルロッテの肩に手をあて、ずらすようにして、シャルロッテ越しにスヴェンを見て)
「・・・スヴェン・・?」
 

070

スヴェン (頭を下げたまま、少し動揺した様子で)
「お声が聞こえましたので・・・!あぁ・・・申し訳・・ございません・・っ!」
 

071

マックス (凛とした口調で)
「・・・構わない。・・・すぐに行く。・・・しばし、部屋の外で待て・・」
 

072

スヴェン (頭を下げたまま、しっかりとした口調で)
「はい・・かしこまりました」
 

073

シャルロッテ (立ち去ろうとするスヴェンを呼び止めて)
「・・・お待ちなさい、スヴェン!」
 

074

スヴェン (ビクリとして直立不動で立ち止まって、背中を向けたまま返事をして)
「・・・はい」
 

075

シャルロッテ (しっかりと)
「・・・ここにいて・・」
 

076

マックス (訝しげにシャルロッテを見て)
「シャルロッテ・・?」
 

077

スヴェン (背中を向けたまま返事をして)
「・・・いえ、私は・・・」
 

078

シャルロッテ (微笑みながらスヴェンに話しかけて)
「ほら、こっちを向いて・・・」
 

079

スヴェン (目を閉じて、ため息まじりに振り返って)
「・・・はい・・・」
 

080

シャルロッテ (口元に笑みをたたえたまま冷たい声で)
「そこで立って最後まで見ているの。フフ・・・いいこと?これは命令よ。主人の命令には絶対服従・・・そうよね?」
 

081

マックス (戸惑った様子で)
「シャルロッテ・・何を・・・!?」
 

082

スヴェン (顔を上げてシャルロッテを見つめ、拳を握りしめたまま、すぐに頭を下げしっかりと)
「・・っ!・・・はい・・・仰せの通りに・・・」
 

083

シャルロッテ (艶やかに微笑んで、マックスに顔を近づけて)
「さあ、お兄様、続きを・・・」
 

084

マックス (シャルロッテの肩を掴んで、押し戻して、真剣な声で)
「・・・っ・・!!シャルロッテ・・・悪い冗談は・・・っ・・・」
 

085

シャルロッテ (艶やかに微笑んで、徐々に狂気じみて)
「冗談なんかじゃないわ・・・・私はいつだって本気よ。・・・スヴェンは・・・知っていたのでしょう?あの女とお兄様のこと・・・あの女の手によって汚されていくお兄様の姿を・・・近くで見ていたのでしょう?」
 

086

スヴェン (拳を握りしめたまま、辛そうに顔を背けて)
「く・・っ!」
 

087

マックス (真剣な表情で何かを言いかけて)
「それは・・・っ・・・!!」
 

088

シャルロッテ (ゆっくりとスヴェンの方に顔を向け、最後は天井を向いて、狂ったように笑って)
「フフフ・・・・知っていて、見て見ぬふりをしていたのでしょう?フ・・・同罪だわ・・・。だから、これは、罰なのよ。傍にいながら、何もしなかった・・・誰よりもお兄様の近くにいながら、止めることができなかったことへの罰・・・フフ・・フフフ・・・アハハハハ・・・・・!!」
 

089

マックス (目を瞠って)
「シャルロッテ・・・・!」
 

090

スヴェン (苦しそうに俯いて胸元に手をあて握りしめて)
「・・・はい・・・シャルロッテ様の仰る通りでございます。全ては私が計画し、実行したこと」
 

091

マックス (スヴェンを振り返って、訴えるように)
「違う、スヴェン!あれは私が自ら望んだことだ・・!」
 

092

スヴェン (目を伏せたまま自嘲的に微笑んで)
「いいえ・・・この計画には犠牲が伴うと、初めから知っておりました。・・・・それなのに、無理矢理すすめてしまった私の罪です」
 

093

マックス (軽く首を振って苦しそうに)
「そんなことは・・・っ・・!!」
 

094

スヴェン (顔を上げてマックスを見つめて、穏やかに)
「そのために、マックス様をはじめとする、多くの人々を苦しめ、傷つけた。・・・・私の至らなさ故に・・・シャルロッテ様にまで、このように不快な思いをさせてしまいました」
 

095

シャルロッテ (笑いながらスヴェンを見て)
「ククク・・・・そうよ、あなたのせいよ、スヴェン・・・フフ・・・」
 

096

マックス (シャルロッテを一喝して、すぐにスヴェンを見て悲痛な声で)
「・・・いい加減にしないか、シャルロッテ・・・!スヴェン!あれは・・・!あれは、決して、おまえのせいではない!!」
 

097

スヴェン (深々と頭を下げ、しっかりと告げて)
「この度の不始末は、ひとえに私の不徳の致すところにあり、弁解の余地もございません。誠に申し訳ございませんでした。どのような処罰でも甘んじて受ける覚悟でございます」
 

098

シャルロッテ (高笑いして)
「フフフ・・・・アハハハハ・・・・!」
 

099

マックス (スヴェンを見て辛そうに)
「スヴェン・・・・っ・・・!」
 

100

シャルロッテ (マックスの顔を両手ではさんで、自分の方を向け狂気の笑顔で)
「ククク・・・ねぇ、お兄様・・・愛しているんでしょう、私を!他の誰よりも・・・だったら、今すぐ誓って!私だけを見ると・・・生涯、私だけを愛し続けると・・・!フフ・・・これは誓いのキスだわ・・・ほら、スヴェンが証人になってくれる。・・・ね、スヴェン?」
 

101

スヴェン (深々と頭を下げたまま、苦しそうに呻いて、拳を握りしめて)
「・・・・っ・・・・」
 

102

マックス (噛み締めるように呟いて)
「シャルロッテ・・・・っ・・・!」
 

103

シャルロッテ (ゆっくりとマックスに顔を近づけて)
「愛しているわ・・・お兄様・・・・フフ・・・・」
 

104

マックス (シャルロッテの押しのけるように肩を強くおして起き上がって)
「・・・っ・・!やめろ、シャルロッテ・・っ!!」
 

105

シャルロッテ (茫然とマックスを見て)
「おにい・・さま・・・?」
 

106

マックス (シャルロッテを押しのけ、立ち上がって、肩越しに厳しく一喝して、颯爽とその場を後にして)
「お遊びはここまでだ、シャルロッテ!・・・行くぞ、スヴェン・・!」
 

107

スヴェン (驚いたように顔をあげ)
「・・・っ!・・!・・はい・・っ!」
 

108

シャルロッテ (虚ろな目で正面を向いたまま、徐々に感情をあらわにして)
「おにい・・さま・・・やっぱり、嘘だったのね・・・嘘をついたのね・・・・私を・・騙したのね・・・っ・・!!あぁ・・・ぁああああああ・・・っ!!」
 

109

スヴェン (一瞬、戸惑ったようにマックスが去った方向を見て、すぐに思い直したように、シャルロッテに近寄り労わるように)
「っ・・・!・・・シャルロッテ様・・・マックス様は決して・・・・っ!」
 

110

シャルロッテ (膝を抱えて、両手で頭を挟むようにして叫んで)
「触らないでっ・・!!!!」
 

111

スヴェン (ビクリとして手を引っ込めて)
「・・・っ・・・・!」
 

112

シャルロッテ (正面を向いたまま、茫然とした様子で)
「・・・おまえがいけないのよ、スヴェン・・・おまえがお兄様を狂わせていく・・・・優しかったお兄様を奪っていく・・・・絶対に・・・絶対に・・・許さないわ・・スヴェン・・・・許さないわ・・・」
 

113

マックス (幕の向こうから声だけかけて、厳しく)
「スヴェン!何をしている!!」
 

114

シャルロッテ (スヴェンに顔を向け、睨みつけて)
「・・・地獄へ落ちればいい・・・っ・・!!」
 

115

スヴェン (驚愕の表情でシャルロッテを見つめて、すぐに思い直したように深々と頭を下げ、しっかりと言いながら立ち去って)
「・・・っ・・・・!・・・御前を・・・失礼致します・・・・」
 

116

シャルロッテ (膝を抱えて、顔をうずめて)
「・・・・皆、大嫌いよ・・・・!・・・こんなところ・・・出ていくわ・・・!」
 

117

シャルロッテ (膝を抱えて、顔をうずめて)
「・・・・ノア・・・ノア・・・・助けてよ、ノア・・・・。ここには、私の味方は一人もいないわ・・・・早く・・・助けに来て・・・・!」
 

118

シャルロッテ (思い出したように、ゆっくりと顔をあげて立ち上がりながら、最後はブツブツとつぶやきながら退場して)
「・・・・そうだわ・・・用意を・・・しなくちゃ・・・・もうすぐ・・・ノアが・・・来ちゃう・・・・ノアと一緒に・・・・ここを出ていくの・・・もう、嘘つきなお兄様も・・・お兄様を誑かすスヴェンの顔も・・・見たくないわ・・・・ノア・・・・ねぇ、ノア・・・・」
 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.