025 Egretta Sacra III vol.1 :芝居用台本007  ・・・・・・・・・・・・・・

S-7 Alle Fragen sind gestellt

  ■概要
主要人数:8人
時間:
10,00

■ジャンル
ボイスドラマ、中世、シリアス、ファンタジー

■キャスト
ハリー(男、17歳、近侍)
ノア(男、17歳、小姓)
シャルロッテ(女、18歳、マクシミリアンの妹)
パトリック(男、25歳、ロンズデール伯爵)
リュシアン(男、23歳、ロンズデール伯爵家執事)
マックス(男、24歳、新エグレッタ・サクラ当主)
ヴェラ(女、23歳、侍女)
スヴェン(男、25歳、家令)

タイトル
時間
キャスト
セリフ・ナレーション

S-7

 

  (離れのサロン。サイドテーブルには二つのグラス。慌てた様子で飛び込んでくるハリー。シャルロッテの姿を探すが見当たらない)

Alle Fragen sind gestellt

001

ハリー (焦った様子で辺りを探して、その場でクルリと回転して、後半は太腿辺りに手をついて、大きく肩で息をして)
「失礼致します・・っ!・・シャルロッテ様・・・っ!・・・・ハァ・・・シャルロッテ様・・・っ!!!・・・・ハァ・・ハァ・・・ここにもいない・・か・・・ハァ・・・・一体・・どこへ行かれたんだ・・・っ!?」
ハリー、ノア、シャルロッテ、
パトリック、リュシアン、
マックス、ヴェラ、スヴェン

002

ハリー (切羽詰まった様子で)
「お一人で、ここから出られるはずがないんだ!・・・考えられるとしたら・・・やっぱり・・・ノア・・・・?」

 

003

ハリー (激昂した様子で飛び出して行こうとして)
「チ・・・ッ・・・!クソ・・・っ・・!!アイツ・・・っ!!!」
TIME:10,00

004

シャルロッテ (仮面をつけて、ゆっくりと登場して)
「ハリー・・・?」
 

005

ハリー (ビクリとして振り返って、驚いて)
「・・え・・っ!?・・・・まさか・・・シャルロッテ・・様・・?」
 

006

シャルロッテ (ゆったりとした仕草でソファに腰をおろして)
「フフ・・・どうしたの?そんなに慌てて・・・・」
 

007

ハリー (安堵の溜息と共に、シャルロッテの足元で、ガクリと膝を折って)
「・・はぁ・・・・よかったぁ・・・・シャルロッテ様が、どこかへ行ってしまわれたんではないかって・・・心配で、心配で・・・・はぁ・・・・僕は・・・・っ・・・」
 

008

シャルロッテ (穏やかにハリーの顔を覗き込むようにして)
「ハリー・・?」
 

009

ハリー (そのまま足を投げ出すように、その場に腰を下ろして、徐々に体育座りに移行しながら、両手で涙を拭って、最後は膝の上に腕を乗せて突っ伏すように)
「・・・ハハ・・・安心したら、何だか力が抜けて・・・しかも、涙まで・・・。・・・あれ?・・参ったな・・・止まらないや・・・。申し訳ございません、シャルロッテ様。・・・みっともないところ、お見せしちゃって・・・。・・・・こんな・・・・ハハ・・僕、格好悪いですよね。・・・嫌だな・・・」
 

010

シャルロッテ (ハリーの頭に手を伸ばして、優しく触れて)
「いいのよ、ハリー・・。・・・心配させて、ごめんなさい・・」
 

011

ハリー (大袈裟に顔を拭って、笑顔でシャルロッテの方を振り返って)
「いいえ!謝らないで下さい!・・・もう・・大丈夫ですから!・・・それより、その仮面・・・いかがなされたんですか?」
 

012

シャルロッテ (遠くを見つめるように顔を上げて)
「今日は・・・仮面舞踏会なんでしょう・・?」
 

013

ハリー (気まずそうに俯いて、胸に手を当て、深く頭を下げて)
「あぁ・・。・・ご存知だったんですか。・・・申し訳ございません・・・ずっと・・黙っていて・・・・」
 

014

シャルロッテ (にっこりとハリーに微笑みかけて)
「フ・・いいの。そのことは・・・もう・・」
 

015

ハリー (気まずそうにしながらも訴えるように)
「あの・・・決して、悪気があったわけでは・・・っ・・!」
 

016

シャルロッテ (穏やかに、後半はまた正面を向いて無機質に呟いて)
「いいって、言ったでしょう?・・・・それより・・・ハリー・・・お願いがあるの。・・・・私をここから・・・・ここから連れ出して・・・」
 

017

ハリー (ちょっと驚いて、すぐに目をそらして)
「え・・っ・・!?・・・グ・・・っ・・、それは・・・」
 

018

シャルロッテ (ハリーの手を握りしめて、懇願するようにしっかりと)
「ねぇ・・ハリー・・・お願い・・・」
 

019

ハリー (怯んだ状態から、苦しそうな表情で、途中、振り切るように膝の上で拳を握りしめて顔を背けて、最後は平伏して)
「・・・っ・・・!・・・・く・・っ・・!申し訳ございません、シャルロッテ様!マックス様の許可なく、外へお連れすることはできません・・っ!・・・いくら、貴女様のお願いでも、これだけは・・・これだけは叶えることができないんです・・・。どうか、お許しを・・・っ・・!!」
 

020

シャルロッテ (無表情のまま立ち上がって)
「そう・・・・」
 

021

ハリー (縋るように)
「シャルロッテ・・様・・?」
 

022

シャルロッテ (仮面を外して机の上に置いて、にっこり微笑んで)
「フフ・・・そうよね・・・無理を言ってごめんなさい。・・・ただ、かすかに聞こえてくる音楽や人の声が、あんまり楽しそうなものだから、羨ましくて・・・つい我が儘を言ってみたくなったの・・・」
 

023

ハリー (軽く安堵したように)
「シャルロッテ・・様・・」
 

024

シャルロッテ (サイドテーブルの杯をとって、片方をハリーに差し出して)
「ねぇ、ハリー。パーティーに出られないのは残念だけれど・・・せめて、少しだけでも・・・つきあってくれるかしら?」
 

025

ハリー (戸惑った様子で立ち上がって)
「え・・、あぁ・・でも、僕・・・あの・・そろそろ戻らなくては・・・。言われたことを全て放り出してきてしまったので・・・」
 

026

シャルロッテ (艶やかに微笑んで)
「少しだけ・・よ。・・・ね・・?」
 

027

ハリー (苦笑しながら杯を受け取って)
「ん・・・はい・・・」
 

028

シャルロッテ (ふと後ろ上方を見てから、杯を差し出して)
「素敵な満月の夜に・・・・」
 

029

ハリー (両手で杯を持って、乾杯するように差し出し、すぐに全てを飲み干して)
「はい・・・ゴク・・ゴク・・・」
 

030

シャルロッテ (ゆっくりと杯をサイドテーブルに置きながら)
「用事が全て終わったら・・・また来てくれるわよね・・?」
 

031

ハリー (にっこり笑って、杯を掲げながら楽しそうに、最後は眩暈を感じてフラフラして、杯を取り落して)
「ええ、もちろんです!・・それにしても、これ、変わった味のお酒ですね。甘くて、ほんのり不思議な香りが漂う・・・貴腐ワインか何かですか?・・・・おいしかったです。ご馳走さまでした!・・・それでは、僕はそろそろ、失礼・・・って、あれ・・・?・・・おかしいな・・・」
 

032

シャルロッテ (穏やかに微笑んで)
「フフ・・・どうしたの、ハリー?」
 

033

ハリー (ドサリとソファに座って、背もたれにもたれかかって、朦朧とした意識の中)
「いや・・・何だか、いきなり・・・っ・・・あぁ・・・何で・・・こん・・な・・・すみ・・ません・・・シャル・・・ロッテ・・様・・・」
 

034

シャルロッテ (ソファに座りながら、穏やかに微笑んで)
「貴方も私をここから連れ出してはくれないのね・・・ハリー・・・」
 

035

ハリー (朦朧とする意識の中、手を伸ばして、何とか起き上がろうとして、そのまま、シャルロッテの膝の上に倒れ込んで)
「シャル・・・ロ・・・・・」
 

036

シャルロッテ (ハリーの頭を撫でながら、正面を向いて無表情のまま)
「貴方も・・・お兄様と一緒。・・・私をずっと檻の中に閉じ込めておきたいの・・・」
 

037

ノア (そっと登場して)
「シャルロッテ・・・大丈夫?」
 

038

シャルロッテ (ゆっくりと立ち上がって)
「ええ・・・」
 

039

ノア (ハリーを見下ろして冷笑して、傍らに落ちていた杯を拾って微笑んで)
「もしかして、彼なら君を連れ出してくれるかもしれない・・・って思ってたけど・・・・やっぱり、無理だった・・か・・。念のため、用意しておいてよかった・・」
 

040

シャルロッテ (悲しそうに顔を背けて、後半は思い出したようにノアに縋って、不安そうに訴えて)
「・・・そうね。・・・・ねぇ、ノア!ハリーは・・っ・・・!」
 

041

ノア (持っていた杯を傾けながら、いたずらっぽく)
「安心して。眠っているだけだから。強力な薬だから、しばらくは目を覚まさないだろうけど・・・」
 

042

シャルロッテ (軽く安堵の溜息をついて)
「・・・はぁ・・・よかった・・・」
 

043

ノア (ハリーが持っていた鍵をとって、にっこり微笑みかけて)
「フフ・・・そんなに心配するなんて、シャルロッテは優しいんだね。それとも、怖くなった?・・・フ・・・でも、これで、出口の鍵が手に入ったよ」
 

044

シャルロッテ (浮かない顔で)
「ええ・・・」
 

045

ノア (シャルロッテに鍵を渡して、肩にハリーを担ぐようにして外へ運び出して)
「・・・・あぁ・・・彼を、このまま、ここに置いていくわけにはいかないな。これじゃ、すぐに見つかってしまう。・・・シャルロッテ、この鍵を持ってて。・・・っしょっと・・・!」
 

046

シャルロッテ (心配そうにウロウロしながら、頭を抱えて取り乱して)
「ノア・・・本当に大丈夫・・・?・・・すぐに見つかって、捕えられて、今よりも、もっと監視の厳しい・・・地下牢のような場所に閉じ込められて・・・!・・そうなったら、もうあなたに会うことができなくなるわ・・!!・・・・・そんなの・・・そんなの、嫌・・っ・・!!」
 

047

ノア (シャルロッテの両腕を掴んで、言い聞かせるように)
「シャルロッテ、僕を見て。・・・いいかい?今夜、君が・・いや、君だけじゃなく、皆が驚くようなことが起こる。・・それは、君の意に染まぬことかもしれない」
 

048

シャルロッテ (不安そうに呟いて)
「ノア・・・?」
 

049

ノア (シャルロッテを見つめてしっかりと)
「でも、今は理由をきかず、全てを受け入れて欲しい。・・・君を、この檻から解放してあげるには、これしか手がないんだ!・・・・だから、僕を信じて・・」
 

050

シャルロッテ (穏やかにコクリと頷いて)
「ノア・・・ん・・・」
 

051

ノア (シャルロッテに仮面をつけて、後ろからシャルロッテを抱きしめて)
「フ・・・それまで、この仮面を外してはダメだよ。・・・シャルロッテ・・・必ず君を守ると。・・・これから先、どんなことが起きても、君の傍にいると・・・誓うよ・・・だから・・・」
 

052

シャルロッテ (抱き締められたまま、ノアの腕に手を置いて、優しく微笑んで)
「大丈夫・・・信じてるわ・・・」
 

053

ノア (軽く自嘲的に笑って、すぐに腕をほどいて、シャルロッテに手を差し伸べて)
「フ・・・さぁ、行こう、シャルロッテ!おいで!」
 

054

シャルロッテ (ノアの手をとって嬉しそうに)
「ええ!」
      (シーンチェンジ:グラスを片手にソファに腰かけて、つまらなそうにするパトリック。傍らにはリュシアン。そこへ颯爽と登場するマックス)
 

055

パトリック (おもむろに立ち上がり、飲んでいたグラスをリュシアンに渡して)
「フ・・・主役のお出ましだ・・ちょっと行ってくる」
 

056

リュシアン (丁寧にお辞儀をして、グラスを持って退場する)
「・・・はい」
 

057

パトリック (後方からマックスに近づいて、サラリと)
「おやおや、人気者は大変だね・・・ご婦人達が放っておかない・・・」
 

058

マックス (丁寧にお辞儀して)
「ああ・・これは、ロンズデール子爵・・・」
 

059

パトリック (爽やかに笑って、思い出したように、微笑しながら)
「フ・・パトリックでいいと、言っただろう?・・・時に、君は、ルーデンドルフ伯爵家で開かれた追悼ミサを欠席したようだが・・・どうしたんだい?」
 

060

マックス (驚いたように眉をひそめて)
「え・・・?」
 

061

パトリック (微笑んだまま、ゆっくりと歩きだして)
「今は亡き、リーネ・ドミニク・ルーデンドルフ伯爵令嬢は、仮にも君のフィアンセだった女性だ」
 

062

マックス (眉間にしわを寄せて)
「何故・・・それを・・っ・・・?」
 

063

パトリック (嘲笑するように優雅に)
「それなのに、随分と冷たい仕打ちだね。・・・この世を去った者に未練はない・・か?・・・それとも、妹君のシャルロッテ殿のことを考えてか?フフ・・・」
 

064

マックス (何か言おうとしてパトリックに近寄って)
「・・・っ・・・!」
 

065

ヴェラ (慌てて、マックスに走り寄って)
「ご歓談中のところ、大変申し訳ございません!マクシミリアン様・・・っ・・・!」
 

066

マックス (顔を向けず、厳しく言い捨てて)
「そう思うなら、下がれ、ヴェラ!・・・お客様に失礼だ!」
 

067

ヴェラ (食い下がって、訴えるように)
「しかし・・・っ・・!シャルロッテ様が・・・っ・・!」
 

068

マックス (目を見開いて、周囲を気にするように)
「何・・っ!?・・・・その話は・・・っ・・・!」
 

069

パトリック (軽く笑って、目を伏せて)
「フ・・・私のことなら気にしないでくれたまえ。それでは、失礼・・・」
 

070

マックス (軽く頭を下げてパトリックを見送って)
「はい。申し訳ございません。後ほど・・・・」
 

071

マックス (ヴェラを促して端の方に行き)
「それで?シャルロッテがどうかしたのか?」
 

072

ヴェラ (首を振って、軽くパニック状態で)
「いらっしゃらないんです・・っ!・・・離れのどこを探しても・・・っ!!」
 

073

マックス (軽く笑って)
「フ・・・我が儘が過ぎるので、厳しく叱ったばかりだ。いつものように拗ねて隠れているのだろう・・・」
 

074

ヴェラ (両頬に手をやり、戸惑った様子で)
「それが・・・・、先程からハリーの姿も見えなくて・・・しかも、離れへと続く扉のドアの鍵も開けられたままで・・・・」
 

075

マックス (眉をひそめて)
「まさか・・・ハリーが・・・?」
 

076

ヴェラ (首を振って、焦った様子で)
「わかりません!・・・でも、私、どうしたら、いいのか・・・っ・・!!」
 

077

マックス (落ち着いた様子で)
「スヴェンに、この事は?」
 

078

ヴェラ (不安そうに)
「まだ、お伝えしていません」
 

079

マックス (目を伏せてしっかりと)
「そうか・・・この後の挨拶が終わったら、私から言おう。・・・ヴェラ!門番に伝えろ!私が行くまでエグレッタ・サクラから何人たりとも外に出すな・・と!」
 

080

ヴェラ (慌てて頭を下げて退場して)
「はい!かしこまりました!」
 

081

マックス (口元に手をあて考え込むように)
「シャルロッテ・・・・一体・・・」
 

082

スヴェン (ファイルを片手に颯爽と登場して)
「マックス様、いかがなさいましたか?」
 

083

マックス

(スヴェンを振り返って、さらりと)
あぁ・・スヴェン。・・いや、たいしたことでは・・・。後で話す・・・」

 

084

スヴェン (軽く躊躇したように)
「左様でございますか・・・実は私もご相談したいことが・・。・・・あ・・いえ・・まずは、ゲストに挨拶を・・・」
 

085

マックス

(凛とした様子で)
「そうだな・・・話はそれからだ」

 

086

スヴェン (フロア中央に歩み出て)
「皆様!本日はお忙しい中、このエグレッタ・サクラに足をお運びいただき、まことにありがとうございます。それでは、主人・マクシミリアン・ディートリヒ・エッフェンベルクより、挨拶がございます」
 

087

マックス

(優雅に)
「本日は我が館、エグレッタ・サクラへようこそいらっしゃいました。ささやかではございますが、どうぞ心ゆくまでお楽しみ下さい」

 

088

パトリック (大きな声で遮って、前へ進み出て)
「ちょっと、よろしいか!」
 

089

マックス

(驚いて振り返って)
「・・・っ・・・!・・・ロンズデール子爵・・・・?」

 

090

パトリック (不敵な笑みを浮かべて余裕たっぷりに)
「主人の挨拶を遮るなど、非礼この上ないことと承知の上で、この場を借りて、皆さんに申し上げたいことがある」
 

091

マックス

(訝しげに)
「申し上げたいこと・・?」

 

092

パトリック (ゆっくりと優雅に)
「実は、兼ねてから、こちらにいらっしゃるマクシミリアン殿の妹君を我がロンズデール伯爵家に迎えようと思っていた」
 

093

マックス

(戸惑った様子で後ずさりして)
「何を・・・っ・・・?」

 

094

パトリック (チラリとマックスを見て笑って、途中から仮面を外して、声高らかに宣言して)
「今日、君と話をして、気持ちがかたまったよ。・・・・ぜひ、こちらにいらっしゃるゲストの皆様に証人になっていただきたい!・・私、パトリック・ジェレマイア・ロンズデールは、シャルロッテ・アヌシュカ・エッフェンベルク殿に正式に結婚を申し込む!」
 

095

マックス

(焦ったようにパトリックに近づいて)
「そんな・・っ・・・シャルロッテは・・・っ・・!あの子は・・・っ・・!」

 

096

シャルロッテ (幕の向こうから、しっかりとした大きな声で言って、その後、ゆっくりと二人に歩み寄る)
「そのお話、謹んでお受け致します!」
 

097

マックス

(目を見開いて)
「誰・・・っ・・?まさか、シャルロッテ・・・っ・・・?」

 

098

シャルロッテ (仮面を外しながら、優雅に微笑んで挨拶して)
「どうぞ、末永くよろしくお願い致します」
 

099

パトリック

(少し驚いた様子で)
「あなたが・・・シャルロッテ殿か
・・・」

 

100

シャルロッテ (華やかに微笑んで)
「ええ・・・」
 

101

パトリック (優雅に手を差し伸べて)
「よろしかったら、あちらでゆっくりとお話でも・・・」
 

102

シャルロッテ (パトリックの手をとって艶やかに)
「フフ・・・喜んで・・・」
 

103

マックス

(首を振って額に手をあてよろけながら)
「そんな・・・何を・・言って・・・っ!?・・シャルロッテは・・・っ・・・!そんな・・・・っ・・・!」

 

104

スヴェン (よろけるマックスの腕を掴んで後ろから支えるようにして)
「マックス様・・・どうかお気を確かに!・・・個々の事象が自然発生し、些細な偶然が重なり、このような流れを生んだとは、到底、考えられません。・・・明確な悪意を持って、周到かつ巧妙に、幾重にも張り巡らされた罠・・・どこかに絵を描いた者がおります」
 

105

マックス

(苦しそうに吐き出して)
「ロンズデール子爵か・・!?」

 

106

スヴェン

(しっかりと)
「そうかもしれませんし・・・そうではないかもしれません。今の時点で結論を出すには時期尚早です。いずれにせよ、内通者がいることだけは確かでしょう

 

107

マックス

(首を振って)
「しかし・・・まさか、シャルロッテまで・・・・!」

 

108

スヴェン

(手紙を取り出して、マックスに渡して)
「これは・・・ずっとお見せしようと思っていて、今までお見せできずにいたものです

 

109

マックス

(訝しげに手紙を受け取って、読み始めて)
「手紙・・・?おまえ宛の・・?」

 

110

スヴェン

(胸に手をあて目を伏せて)
「最初の一通目は三週間程前に届きました

 

111

マックス

(手紙を読みながら手を震わせて)
「ん・・?・・え・・・?・・まさか・・・っ・・!・・・そんなこと・・・っ・・!これは・・・性質の悪い悪戯だ・・・っ・・・!!」

 

112

スヴェン

(苦しそうに胸元を掴んで)
「私も・・・最初はそう思いました。しかし・・・その筆跡・・確かに義父(ちち)の・・・いえ・・・ブルクハルト・シュタッフス・ヴァルトエック男爵のものでございます・・・」

 

113

マックス

(手紙を読みながら、首を振って)
「そんな馬鹿な・・・っ・・!ありえない・・・っ・・!!」

 

114

スヴェン

(静かに訴えるように)
「それに、そこに書かれていることは、私達と本人しか・・・知らないこと。・・他の誰が知り得るでしょうか!」

 

115

マックス

(スヴェンを見て訴えるように)
「しかし・・・っ!・・・ヴァルトエック男爵は、とうの昔に死んだはずだ!しかも、おまえの目の前で・・・自らの命を断って・・・!」

 

116

スヴェン

(目を伏せて)
「ええ・・・過去の亡霊達を操る傀儡師(かいらいし)が、どこかで息を潜めている・・・・」

 

117

マックス

(スーッと深呼吸して、しっかりと前を睨みつけて、手紙を握り潰しながら)
「フ・・・私の後ろに道はない・・・どうせ地獄の業火に焼かれ、死ぬ運命ならば・・・忌まわしい記憶と共に、全てを道連れにしてやる・・・・!」

 

118

スヴェン

(しっかりと)
「御意に・・・」

 

119

マックス

(前方を睨んで、サッとジャケットを翻して退場して)
「緒戦は相手に先手を打たれたが・・・次はそうはさせない!・・・ついて来い、スヴェン!」

 

120

スヴェン

(しっかりと答えて退場して)
「はい・・・!」

 
作品の無断使用、無断転載は禁止しており、行った場合は著作権法違反となります.
© Copyright 2021 VORTEX.